デザイナーズ賃貸マンションのメリットと選ぶときのポイント。

デザイナーズ賃貸マンションのメリット

建築家のこだわりがデザインに映し出されたデザイナーズマンション。例えばデザイナーズマンション 東京やデザイナーズマンション 名古屋などで調べると、様々な綺麗なデザイナーズマンションが出てきます。

ほかとは違う自分なりの暮らしをしたい人には条件を満たす物件ですが、実際にデザイナーズマンションに住むことで、どのようなプラスの面が多いのでしょうか。最大の魅力はやっぱり、オシャレな暮らしができるということ。部屋の作りや間取り自体に建築家のこだわりが反映されているため、家具やインテリアのコーディネートに注力しなくてもオリジナリティがあってスタイリッシュな暮らしが楽しめます。

また、オーソドックスな賃貸物件とは異なり、デザイナーズマンションの賃貸物件には似たような価値観の人が集まりやすいという傾向もあります。様々な人の人が住むマンションだからこそ、似たような価値観を持った人は安定感があります。

デザイナーズ賃貸マンションのデメリット

デザイナーズ賃貸マンションに暮らすことで生じるこれ以上ないデメリットといえば、やっぱり家賃が割高なこと。そもそもデザイナーズマンションは一般的にステータスのある人をターゲットにしているケースも多く、特に人気の高いエリアでは家賃が相当高額になることもかなりあります。

また、モダンな一方で、ユーザビリティに欠ける場合があるというのもデザイナーズマンションのマイナスポイントのひとつでしょう。ひとつの例として、コンクリート打ちっ放しの部屋は冬の寒さが気にかかったり、ガラス張りの部屋は窓掃除が大変だったりということもあります。

広い範囲の間取りを確保するために並はずれて収納が少なかったり、景観を守るために洗濯物のベランダ干しが禁止されていたりというデザイナーズ物件も少なくないのです。

デザイナーズ賃貸マンションを選ぶときのポイント

デザイナーズ賃貸マンションは物件の数がそれほどないため、不動産サイトの特集ページなどを上手に行使して探すのがおすすめです。その段階では、見た目のデザイン性にばかりこだわるのではなく、自分のライフスタイルにマッチするようにてきぱきとデザイン性と実用性のバランスを取ることが重要です。

ひとつの例として、持っていく荷物が多いのなら、収納が少ない物件は不向きでしょうし、洗濯物をいつも乾燥機で乾かしている人のケースでは、ベランダに物干し場がなかったとしても問題ないと思います。どんなところにこだわり、どこまでが譲れないのか、自分の希望を前もってきちんと整理しておくことが重要です。

オシャレな生活にあこがれて入居した後にミスしないように、デザイナーズ賃貸マンションのメリットとデメリットを正しく理解しておきましょう。